外反母趾.com

【運動療法と外科的治療】 薬物療法

外反母趾の治療法には、その人の症状に応じて薬を投与する薬物療法と呼ばれる方法があります。外反母趾の治療において、薬物療法には、注射や内服薬、外用薬などがあります。外用薬は、打ち身やねんざなどで湿布薬を貼る薬のことを言います。

内服薬は、錠剤やカプセル、顆粒タイプなどの薬の服用です。薬物療法は、外反母趾の症状を軽減するというよりは、外反母趾になって、痛みをともなう人のみに行われる治療法で、本来の治療ではなく、痛みを軽減するために注射をしたり、薬を服用します。根本的な治療法ではなく、対症療法になります。

外反母趾の痛みがひどい人は、痛風にかかったのではないかと思うほどの痛みが走ることがあります。もちろん、人それぞれ個人差があり、とくに痛みが感じられないのに、気がついたら外反母趾になっていた、という人もいます。外反母趾の痛みが痛風と混同されやすいのは、とくに親指の付け根の部分が履物にあたると、圧迫感があり、痛みとともに赤く腫れあがり、炎症を起こす可能性もあります。その場合は、外用薬による薬物療法で、炎症を抑える必要があります。

クリームを塗ったり、湿布を貼ると、痛みや炎症の症状が軽減されます。湿布は、定期的に貼り替えるだけでOKですが、クリームや軟膏は1日に決められた回数や時間を守って、正しい使用法を守りましょう。痛み止めの内服薬は刺激が強く、一時的な効果は期待できますが、長期間の連用をしてはいけません。足の指の付け根が痛いときは、なるべく外出を控えて、足の指を圧迫しないように心がけましょう。寝ているときは湿布を貼り、日中は塗り薬を使用するといいでしょう。外出時には、塗り薬を持ち歩くといいでしょう。



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 外反母趾.com All Rights Reserved.