外反母趾.com

【運動療法と外科的治療】 ホーマン体操

ホーマン体操という言葉を耳にしたことはありませんか? 外反母趾の予防・改善対策に最適な運動として、注目されています。ホーマン体操を行う際には、用意するものがあります。紐、またはゴムバンドを1つ用意しておきましょう。左右の足の親指にかけて使うことを考えて、ゴムバンドは少し幅が広いものがいいでしょう。感覚が2〜3cmのものが理想的です。

ホーマン体操の方法はとても簡単で、自宅で時間があるときにいつでもできます。床に足をつけた姿勢で、左右の足の内側を合わせます。紐、またはゴムバンドを左右の足の親指にかけて、かかとの部分を合わせて足先を外側の方向に回していきます。ゴムバンドを使用する場合は、伸縮性がありますので、親指が自然に内側に向いて、自然に矯正ができるという仕組みになっています。もちろん、不自然な曲げ方をしてはいけません。何度か繰り返して行うといいでしょう。1セットで20〜30回程度、左右の足の指を交互に行いましょう。

ホーマン体操は、足の親指を矯正する方法の一種であり、外科的な治療法とは異なりますが、自分で簡単にできる足の運動を取り入れて、外反母趾の予防・改善にぜひ役立てていただければと思います。病院で治療を受けている人も、並行して体操や運動療法を続けていくといいでしょう。外反母趾の予防には、足の筋力が弱くならないように、ふだんから足の指を動かせるように鍛えておくことが大切です。

また、足が温められた状態で足の指を動かすと、さらに効果的です。お風呂に入っているときや、お風呂上がりに足の指を動かす運動を行うといいでしょう。親指を適度に内側に曲げて、足の指全体を開いたり、閉じたりする動作を繰り返して行うといいでしょう。毎日、継続的に行うことで予防・改善できます。



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 外反母趾.com All Rights Reserved.