外反母趾.com

【外反母趾の治療】 サポーター

外反母趾の治療には、専用のサポーターが販売されており、サポーターを購入して利用する方法もあります。病院で検査をして、とくに外科的な手術を受けるのでなければ、サポーターを常時つけることで、足のバランスがよくなり、外反母趾の痛みが軽減されることもあります。テーピングと同様に、サポーターを足につける方法は、無理がなく、わずらわしさもありません。

外反母趾のおもな原因は、自分の足に合わない靴を履いていること、もともと偏平足の傾向にあり、足裏のアーチが乱れた状態になり、足の親指に支障をきたした場合、足のねじれなどが考えられます。サポーターをつけておくと、足の指の位置が矯正され、外反母趾の痛みを緩和することにもつながります。

外反母趾だけではなく、本来の正しい足のアーチの状態を保てるようになり、足裏の健康にも良いとされています。足裏は第二の心臓とも呼ばれているほど、健康に大切な場所です。外反母趾は、外科的な治療を受けるよりも、自分で予防して自分で治すものと考えて、サポーターをつけて、足の指を健康な状態に保ちましょう。サポーターには、さまざまな種類がありますが、肘につけるサポーターや腰にまくサポーターなどと同様に、外反母趾専用のサポーターは、身につけておくだけで安心です。

外反母趾になると、痛みがひどい人は、靴をはくときに頭の芯が痛くなるような痛みをともなうこともあります。痛み具合には、個人差がありますが、靴を履くと足が痛くなるぐらい、痛みが強い人は、外出するのがおっくうになることもあります。足の悩みをサポーターを使用することで、解決の手掛かりになればと思います。外反母趾専用のサポーターは、専門医に相談してみましょう。インターネットでも購入できます。



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 外反母趾.com All Rights Reserved.