外反母趾.com

【外反母趾と病気の関係】 外反母趾とメニエール病

メニエール病という病気をご存知ですか? メニエール病と外反母趾は、深い関係があると言われています。メニエール病のおもな症状は、内耳性めまい、耳鳴り、難聴などです。ふだんは元気な人が、1度メニエール病にかかると、慢性化するケースが多く、家の中にいてもトイレに行くのも、めまいがひどくなると、ひとりで行けなくなることもあります。

メニエール病特有のめまいは、内耳性のもので、耳の三半規管のバランスが大きく関係しています。自律神経失調や精神的なストレスが原因とも言われています。日本人がメニエール病にかかる確率は、10万人に30〜40人と比較的少ない確率です。メニエール病は、薬の投与による治療が行われ、症状がおさまりますが、しばらくすると、また同じような症状を繰り返す人が多いようです。

メニエール病になると、起き上っただけでもめまいがして、立つのもやっとになることもあります。メニエール病は、メニエール氏病、またはメニエール症候群と呼ばれることもあります。メニエール病のめまいは、回転性めまいと呼ばれる特有のものです。耳鳴りは、突然キーンという音が聞こえたり、激しい音が聞こえることもあります。実は、メニエール病と外反母趾は関連性が深いと言われています。

メニエール病の人の歩き方を見ると、指が地についていない状態で歩いていることがよくあります。指上げ足になり、体の重心のかけ方に問題があります。足に余分な力がかかってしまい、外反母趾になる人が多いようです。もちろん、すべてのメニエール病の人が、外反母趾になるというわけではありません。メニエール病の症状があって、外反母趾の人は、頭痛や肩コリに悩まされている人が多いようです。慢性化すると、自律神経の働きにも支障が出て、自律神経失調症や更年期障害になる可能性もありますので、注意が必要です。



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 外反母趾.com All Rights Reserved.