外反母趾.com

【外反母趾の基礎知識】 外反母趾のチェック

足の指に最近異変を感じるようになった、そう思ったとき、外反母趾になった可能性が高いのですが、自分で外反母趾のチェックが簡単にできます。その方法についてご紹介していきたいと思います。外反母趾であるかどうか調べるには、足の親指が外側に曲がった角度により、外反母趾の程度を知ることができます。外反母趾の角度が5 〜 8度の場合は、まず正常な状態と考えていいでしょう。曲がり具合が15 〜 19度の場合は、比較的軽症の外反母趾、20度から39度までは中程度の症状、40度以上だと重症と区分されています。

自分で角度を測定する方法をご紹介したいと思います。まず、自分の足の周りを縁取りしておきましょう。角度を測定するには、足の内側の線と親指の付け根の出っ張った部分の前で、1本の線を引いて、その角度を測ってみましょう。外反母趾は、15度以上曲がっていた場合と診断されます。

自分でチェックしてみて、15度以上曲がっている場合には、外反母趾の症状が進行している可能性が高く、専門医の診察を受診する必要があります。とくにチェックしなくても、見た目であきらかに曲がり具合がわかる場合は、外反母趾である確率が高くなります。外反母趾、男性や子どもにもみられることはありますが、女性に多い原因には、もともと筋肉が柔らかいことと、男性に比べて女性のほうが筋力が弱いこと、そして関節が柔らかいことなどが考えられます。

女性の靴は、ハイヒールやパンプスなど、男性に比べて足元を締め付けるタイプのものが多く、長時間履き続けると、神経や骨が圧迫されてしまいます。外反母趾にならないために予防するには、足がきつくならない程度に、ゆとりのある靴を履くように心がけることも大切です。



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 外反母趾.com All Rights Reserved.