外反母趾.com

【外反母趾の基礎知識】 外反母趾の種類

外反母趾には、さまざまな種類があります。外反母趾は、生活環境や生活習慣がおもな原因とされています。ふだん履いている靴にも原因がありますが、靴は24時間履くわけではなく、あくまでも二次的な原因とされています。外反母趾の種類によっては外反母趾を引き起こす原因が異なり、予防法や治療法も異なる場合があります。外反母趾になった場合、どの種類のタイプなのか、よく知っておく必要があります。

外反母趾の種類の中でもっともよく見られるのは、靭帯性外反母趾と呼ばれるタイプのものです。足の親指が小指の方向に曲がったように見えます。普段、家の中を歩くときは靴下を履いていますが、足場が悪い場所を歩くことはなく、平らな場所歩くことに慣れてしまい、けわしい場所を歩くことはまずありません。安全な場所で歩くことに足が慣れてしまうと、足の本来の力が低下してきます。足裏の力が衰えた人が多く、外反母趾になりやすい環境の中で、わたしたち人間は生活しています。

外反母趾の種類には、この他に混合性外反母趾・ハンマー性外反母趾・病変性外反母趾・仮骨性外反母趾などの種類に分類されています。混合性外反母趾は、仮骨性外反母趾と靭帯性外反母趾の中間のタイプであり、両方の性質を合わせ持っているのが特徴的です。仮骨性外反母趾は、足の親指の付け根の部分にある骨が出っ張り、足の親指が曲がったように見えるのが特徴です。

病変性外反母趾は、リウマチなどの病気が原因で足の指が変形した場合に引き起こされるものです。その原因であるリウマチの治療が必要となります。とくにハイヒールなどの靴を履かなくても、さまざまな原因によって、外反母趾が引き起こされると考えられています。



▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 外反母趾.com All Rights Reserved.