外反母趾.com

【外反母趾の基礎知識】 外反母趾の原因

外反母趾は、男性と女性を比較すると、女性のほうに多くみられます。女性の靴は足幅が細いデザインのものが多く、ハイヒールを履く女性に外反母趾になる人が多いと思う人も多いようですが、必ずしもそうではありません。実は、ハイヒールを履くはずもない小学性や中学性にも外反母趾になるケースが増えています。

サラリーマンやOLは、朝自宅を出て、通勤時間を含めて職場でも靴を履き続けて、自宅に帰るまでの長い間、同じ靴を履き続けていることが多く、足が圧迫された状態になります。足が圧迫されると、血液循環が悪くなり、冷え性やむくみの原因となります。女性が履く靴は、デザイン性が重視されたものが多く、低いヒールよりも高いヒールの靴を履く人が多く見られます。ハイヒールを履くと、足に余分な力がかかり、とくに足の指先が窮屈になります。決して動きやすい靴であるとは言えません。

ハイヒールはふつうに歩く程度ならとくに支障はありませんが、小走りに走ったり、激しい動作には不向きです。足の環境が変化して、本来の足の機能にも悪影響を及ぼして、足の機能が低下して、足が変形して、異常をきたしてしまうことになります。単純に履く靴を替えれば、足が疲れなくてすむ、足の痛みがとれるといった安易な考えではなく、足そのもののケアが大切です。

もうひとつには、足の筋力の問題が大きくかかわっています。足の筋力とは、足の筋肉の力のことで、実は外反母趾に女性のほうが多いのは、男性と女性の足の筋力の違いによるものです。筋肉の本来の力を比較すると、女性よりも男性のほうが圧倒的に力強さに優れています。しかし、足にかかる重力は、男性も女性もほぼ変わりません。

とくに、女性のほうが負担がかかりやすく、骨盤の歪みも、実は女性のほうが多いと言われています。足で全身を支えるために、足の指の付け根に重心が集中するようになると、親指が持つ本来の力が低下して、次第に退化するようになります。重心のかけ方が間違っていると、体に歪みが生じやすく、外反母趾になりやすい環境となります。

[PR]croへ転職して働くには


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 外反母趾.com All Rights Reserved.